海洋深層水とは?

海洋深層水のイメージ

海洋深層水とは、水深200m以上の深さにある水の事です。
太陽の光が差し込まないほどの深さにある水なので、光合成が殆ど行われません。
そのため様々なミネラル成分が消費されずに残っています。

 

また、現代の産業排水や生活排水、そして河川の影響をほとんど受けません。
病原菌なども表層水に比べて、とても少ないです。

 

以下のような特長があります。

 

海洋深層水の特長

  • 冷たくてクリーンな清浄性
  • 優れたミネラルバランス
  • 細菌が非常に少ない

 


沖縄の久米島海洋深層水の成分

沖縄の水源を使用しているウォーターワン(WaterOne)で使われている、球美(くみ)の島、久米島の海洋深層水は、なんと水深612mの深さから採水した海洋深層水を利用しています。

 

WaterOneと水道水の成分比較
WaterOne 水道水
水源 久米島海洋深層水 (北谷浄水場系)
ナトリウム/100mL 2.6mg 2.7mg
カルシウム/100mL 0.01mg 2.98mg
マグネシウム/100mL 0.02mg 0.41mg
カリウム/100mL 0.14mg -
硬度/L 10mg以下(軟水) 91mg
pH値 6~7 7.4

※WHO 飲料水水質ガイドラインによる分類では、硬度60mg/L未満が軟水とされています。

※pH値は、7が中性で飲料水の基準値は5.8~8.6の範囲です。