水道水の飲用率 都道府県ランキング 最下位は?

水道水をそのまま飲む? 都道府県別ランキング

 

「水道水」に対する信頼調査とも呼べる都道府県別のアンケート調査がありました。
「水道水をそのまま飲むことに抵抗がない」人は、どれくらいの割合なのか?
「実際に水道水を飲み水として使っている」人は、どれくらいの割合なのか?
やっぱり都道府県によって、意識は様々。
さて、沖縄県民は・・?


水道水をそのまま飲む? 都道府県別ランキング 最下位は?

水道水を飲む

とある機関による調査で、「水道水の信頼度」が分かるようなアンケート結果がありました。何だか考えさせられたので、以下にまとめてみました。

 

調査人数: 3,497名
調査方法: アンケート
調査期間: 2021年4月15日~4月25日

 

2つの質問に対する都道府県別ランキングで、ベスト5とワースト5が以下の通りです。

 

表1: 水道水をそのまま飲むことに抵抗がない割合
都道府県名 割合
1位 岩手県 66.67
1位 秋田県 66.67
3位 鳥取県 65.67
4位 長野県 65.22
5位 青森県 62.69
・・・ ・・・ ・・・
・・・ ・・・ ・・・
43位 長崎県 29.58
44位 香川県 28.36
45位 大阪府 27.84
46位 福岡県 27.59
47位 沖縄県 27.14

 

 

表2: 実際に水道水を飲み水としている割合
都道府県名 割合
1位 北海道 77.11
2位 長野県 76.81
3位 鳥取県 76.12
4位 山梨県 75.71
5位 宮城県 74.65
・・・ ・・・ ・・・
・・・ ・・・ ・・・
43位 宮崎県 54.41
44位 福岡県 51.72
45位 和歌山県 50.72
46位 兵庫県 50.62
47位 沖縄県 30.00

いずれもワースト1位の沖縄県

さて・・・。

 

ざんねんながら、いずれのアンケート結果でも沖縄県は最下位でした。
水道水を飲み水とすることに対する抵抗感が感じられますね。

 

特に、表2の「実際に水道水を飲み水としている割合」が、低い地域でも50%程度なのに対して、最下位の沖縄県はダントツの30%

 

他県と比べて、ここまで圧倒的に低いとは、沖縄に在住していながらビックリでした。

 

水道局の人には悪いのですが、確かに調べるほどに、沖縄の水道水ってちょっと・・・って感じになってしまいますもんね。。

 

 

原因は、このサイトに記載されているように、硬度の問題や、施設老朽化問題、そして米軍基地の化学薬品汚染の問題などでしょう。

 

 

ランキング上位の地域は山地からの自然豊かな美味しい水が飲めるんでしょうねぇ・・
こればっかりは、仕方のない事ですけどね。

 

 

 

沖縄の水道水は、洗い物、洗濯、お風呂用と割り切って、飲用水は別で考える、というのがまだまだ賢明なのかもしれませんね。


 

© 2021 沖縄のウォーターサーバー|沖縄の水 All Rights Reserved.