RO水とは?|ウォーターサーバー 水質の違い

 

ウォーターサーバー選びで見かける『RO水』という言葉。
どんな種類の水の事を指しているのでしょうか?
天然水などと比較して、どんな違いがあるのでしょうか?


RO水とは?

RO水ができるまで

RO水は、水道水などの原水を人工的に処理した水の事です。

 

RO膜と呼ばれる強力なフィルターを使って不純物を取り除くので、RO水と呼ばれています。

 

RO膜(Reverse Osmosis)は、逆浸透膜とも呼ばれ、およそ0.0001ミクロンのものすごく小さな穴(超微細孔)のフィルターです。

 

水道水に含まれる不純物を除去できるのは良いのですが、強力なフィルターであるが故に、もともと含まれているミネラル分まで除去してしまいます。

 

そのため、水としての美味しさまで除去されてしまいますので、後でミネラル分を人工的に追加します。

 

人工的に作ることができるので、わざわざ遠くの採水地から原水を調達することをせずに水道水をつかって安価に仕上げられていることが多いようです。

 

 

 


天然水・海洋深層水・RO水との比較

天然水は、自然によって何百年も掛けてろ過された、もともと「きれいな水」が選ばれて採水されています。
自然の水をそのまま持ってきているようなイメージがありますが、安全性を保つため当然不純物を除去するろ過処理、加熱殺菌処理等も行っています。
その際、身体に良い成分や美味しさとなるミネラル成分は残されて処理されています。

 

海洋深層水は、冷たく清浄な深海の深層水が源泉となっています。
当然そのままでは塩分が強くて飲めないので、塩分等不要な成分を取り除くと共に、天然水のように安全性を保つための処理がされています。

 

そのため、天然水・海洋深層水・RO水のいずれを選んでも安全性を考えればどれを選んでも問題ありません。

 

味にこだわらず安さを選ぶなら、RO水。
人工添加物ではなく、天然のミネラルを含んだ「美味しい水」を選ぶなら、天然水や海洋深層水をオススメします。

 

 

天然水・海洋深層水・RO水の比較
天然水 海洋深層水 RO水
水源 自然の地下水 海洋深層水 水道水
不純物

自然ろ過
フィルターで除去

フィルターで除去

フィルター+RO膜
で除去

安全性
美味しさ 天然のミネラル 天然+人工 人工的
値段 比較的高い 標準 比較的安い

 

美味しい水

まとめ

 

  • RO水は、水道水を人工的に処理した水
  • RO水は安全で安価だが、味は人工的
  • 安全性はRO水も天然水も変わらない
  • 自然の美味しさなら天然水がオススメ