ウォーターサーバーの電気代って

ウォーターサーバーの電気代ってどれくらい?

 

ウォーターサーバーに掛かる電気代ってどれくらいなのでしょうか?
サーバーに掛かる電気代と、節約について調べてみました。


ウォーターサーバーの電気代の目安

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、サーバーからすぐに冷水や熱水が出てくるのでとても便利です。
でもそれには、サーバーを常時電気コンセントにつないでおく必要があります。

 

使い続けている間は電気代が掛かるので、家計を圧迫しないか心配になる方もいらっしゃると思います。

 

使用環境によって差はありますが、一般的なウォーターサーバーの電気代の目安は以下の通りです。

 

ウォーターサーバーの電気代の目安

 

消費電力が多いタイプ ¥1,000/月
消費電力が少ないタイプ ¥500/月

 


電気ポットの電気代と比較すると?

電気ポット
電気ポット

冷水を作ることはできませんが、熱湯を沸かして保温できる電化製品に、電気ポットがあります。

 

標準的なサイズの電気ポット(2.2L)の電気代の目安

 

            ¥900/月

 

※1日2回満タンの状態で沸騰させ、それ以外を保温モードにした場合

 

扱える水の量で電気ポットと比べると、ウォーターサーバーの方が数倍も多くの量を扱うことができます(一般的に12L)が、電気代を見ると、大きな差はありません。

 

電気ポットとあまり変わらない電気代で、多くの水の冷水と温水を両方使えることを考えると、ウォーターサーバーに掛かる電気代は決して割高ではないと言えるのではないでしょうか。

 

 

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法

省エネタイプのウォーターサーバーにする

使用頻度の少ない時間帯の消費電力を自動的に抑える『省エネモード搭載のウォーターサーバー』があります。

 

沖縄にも対応した省エネモードを搭載したウォーターサーバーはあまり多くありませんが、検討の材料にしてみてください。

 

 

沖縄に対応した省エネモード搭載のウォーターサーバー

 

ウォーターワン 省エネモード

アクアクララ 省エネモード

ウォーターワン:WS2サーバー

アクアクララ:アクアウィズ

 

 

 

 

電源は切らないようにする

ウォーターサーバーを節電するには、電源をしょっちゅう切った方がいいと思われるかもしれません。

 

しかしながら、最近のウォーターサーバーは電源を入れることで除菌作用のあるものが多くなっています。
電源を切ってしまうと雑菌が繁殖する可能性があるのです。

 

また、ウォーターサーバーは起動する時、お湯を沸かす時に一番電気を使います。

 

そのため、何度も電源を付けたり消したりすると、冷めた水を再びお湯にするために多くの電力を消費するので、かえって電気代が高くなってしまうのです。

 

安全性を保つためにも、電気代を節約するためにも、電源は入れっぱなしにしておいた方が良いでしょう。

まとめ

 

  • ウォーターサーバーの電気代は¥500~¥1000/月程度
  • 電気ポット(¥900/月程度)と比べると、おトク感が勝る
  • 省エネモード搭載のサーバーもある
  • サーバーの電源はつなぎっ放しがよい

© 2021 沖縄のウォーターサーバー|沖縄の水 All Rights Reserved.